「紘」
「夢はでっかく」
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/12/29(金)   CATEGORY: Movie
Stand by me.
を見ました。

アメリカの小学生の冒険?を描いた映画、名作だよね。

こうやって週一くらいで映画を観れる生活はこれからも
できる限り続けていきたいなぁ(*゜▽゜)

個人的にはクリスがいい感じだったと思う。

彼のようなタフさは見習わなきゃね。

そして。

僕は小学校のときから転校の連続だったから
(小学生のときは2回転校してます。)、
あんまり今のいままで付き合ってる友達とかが
いないんだけど…

作品中で主人公で言っているように、
人との関係なんて、出会いがあれば別れもあるものだけど。

それでも。

いろんな悩みを共有したり、かけがえのない時間を一緒に
過ごせる友だちが欲しかったなぁ…

もちろん。

それは今からでもできるワケだから。

作っていきたいもんです。

この前の忘年会でも少し感じたものがあるし。

これから頑張ろうっと。

あと、この映画に若かりし24のキーファサザーランドが出てて
びっくり!

映画を見てるとこういう楽しみもあるんだねぇ。

ちなみに。

作品中で子どもたちが使ってた単語、俗語になるのかな?が、
全然わからんかった…

いつか、字幕無しでも映画の内容が把握できるように
なりたいなぁ…


ところで、サッカー。

選手の移籍が熱くなって来たね…

あっちこっちで、これまでチームの主力だった選手が
どんどん移籍したりしてるみたい。

今年、新しい練習場を作ったマリノスはどこまで
いい選手を獲得できるのかな…

個人的には、奥を手放すのはまだ少し早かった気もするし、
左サイドの人材をどうするのか…って問題もある。

でもまぁ。

乾とか期待を持てる若手が入ってくるし、来年の開幕が
今から楽しみっちゃあ楽しみ。

遠藤抜きでガンバにボコボコにやられた借りを来年返せると
いいなぁ。

それが早野監督でできるんだろうか…

やっぱり複雑だね。

それにしても小野伸二。

やっぱり上手いわ。


これから高校の時の友だちと久しぶりに会えるヾ( ̄∇ ̄=ノ

就職活動中の彼らからいろいろ話を聞きたいなぁ。

それにしても寒い…


でわ!!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/28(木)   CATEGORY: Speech
名刺交換会。
名刺。
こんにちは。

今日も深夜まで読書→昼ごろに起床っていう、
これからの生活に向けて不安いっぱいな生活を送ってます汗

今「龍時」っていうサッカー小説を読んでるんだけど、
これがなかなか面白い。

けんゆうありがとう(人´∀`)

サッカーを通じて、いろいろな経験をしていく高校生を
描いてて、試合の描写もキャプテン翼のような出来すぎ
感も少しあるけど、それでも読み応えは満点です!


で。

昨日はサークルの新役職者の名刺交換会がありました。

なかなか刺激的な一日だったけど、どれだけの人の顔と
名前を一致出来たかが正直不安。

あれだけ名刺をもらったり、渡したりしたんだし、
来年はいろんな大学と交流できたらいいなぁo(´∇`*o)

会の後にも、少しではあったけど集まって、なかなか
聞けない?様な話も聞けたし、これからも他大の人とは
仲良くしていきたいっす。

ちなみに、サクサクはどうやら内弁慶らしい。

僕と似てるし笑

もうちょっと差別化しましょうね人(´▽`;)

とりあえず、女子大には気を使いましょう笑


帰りに、TSUTAYAでCDを借りる。

5枚で1000円って素晴らしいね!!

最近借り出した、メタルに痺れてます。
アングラ、ラプソディー…知らなかった世界だわ…


とりあえず、お金がない!!

[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/23(土)   CATEGORY: My Life
忙しい→充実感。
こんばんわ。

最近、自分のしたいことが出来ないくらい忙しいけど、
その分、すごく充実した一日を過ごせてる気がします。

この忙しさが充実感を追い抜く日が来ないことを
祈ってます。

ここからは最近の雑記。


ソフトバンクのCMに出てるキャメロンディアスの
映画が見たくなって

「メリーに首ったけ」

を見ました。

やっぱりキャメロンはかわいいのですが…

あれだけ下ネタを映画の中で出してるのってアメリカの映画
くらいのもんなんじゃないか!?

でもまぁ、コメディってくくりは確かに正しいんだろうな…

ちなみに、個人的にはうそをついてまで、自分をよく見せようと
する人は嫌いです。

僕みたいな人間がウソを言い出したら、何も残らない気がして
ならないですね。


最近「のだめカンタービレ」を読んでて、やっぱりクラシックに興味が
沸いてしまう…

ちなみに僕が初めて「のだめ」を人に薦められたのは
去年のディスの大会@専修グリーン。

明治の方が自己紹介のときに「おもしろいよ!」って言ってたのが
印象的だったんだよねー

KESSAの時の漫喫で初めて読んだんだよ (゚ー^*)

この漫画を読んでて、クラシックのCDを聞くようになったけど、
いろんなCMで使われてるんだなぁ~

って実感。

ちなみに。

僕はつい先日まで、タイタニックの

My heart will go on.

がクラシックの曲だったなんて知りませんでした。

やっぱり、自分の知らないものを知るって大切なのかな、と。


明日は講堂杯だぁ!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/19(火)   CATEGORY: Speech
クリスマスカップ 2006
こんばんわ。

何やらやらなければならない事が、目の前に山積みな気が
してる毎日です。

常に

「次は何をしなければいけないのか」

って考えてます。

さて、土曜日の梅子杯に続いて

日曜日にはクリスマスカップを見に行ってきました!

自分がケアに少し関わった新二年生が参加する大会って
こっちまで緊張しましたね。

正直な話、まりりんのスピーチが終わるまで、つまり
ジャッジングタイムに入るまで、まりりんには話しかけ
られなかったのが現実です(_ _|||)

スタッフとして、新コミとして…

少しは気の利いた一言くらい、言ってあげるべきだよなー
って今さらながら思います。

だからと言って、次にできるのか?と聞かれたら、めっちゃ
不安なのが痛いところ。

ケアって難しいやん。

確かに、プライズはとれなかったかもしれないけど。

それでも、ケアしたところがしっかり直っていたり、
すごく自信ありげに(本人の実際はわからないけど)
デリバをしていたのを見て、非常に感激しました。

にやついてたらしいですが(´-ω-`;)ゞ

それは、嬉しさのあまり…ですよ。

まぁ、まりりんのデリバが終わった瞬間には

「来た!!」(何が来たのかはわからなかったけどorz)

と、心の底から思ったもんです。



でも、まぁ現実はやっぱり厳しいっす。

ジャッジさんにあーだこーだ言われてしまうまりりん…

自分が言われてるみたいに悲しかった(ノД`)・゜・。

ケアしてもらった人がケチつけられてる

つまり

ケアした人がケチつけられてる

のと同意だと思った。

ケアする側になってみて。

改めて、先輩方のすごさがわかる。

川さん、とよむさん、なかしさん…

やっぱりすごい人たちだったんだなぁーって心から思います。

僕自身、もっと頑張らなきゃなぁーって痛感してます。

だいぶ話がそれたけど…

パンツとして参加してくれたまりりん、拙いケアであれだけ
のスピーチを披露してくれたことに感謝してます。

マネージしてくれた会長、りのちゃん、まなみちゃん、
本当にお疲れ様。

わざわざ会場に足を運んでくださったなかしさん、野上さん、
本当にありがとうございました。

みなさん、ジョイント大会、観に来る価値、

ありますよ!!

でわ!
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2006/12/16(土)   CATEGORY: Speech
梅子杯 2006
今日、初めて英語スピーチのオープン大会なるものを
観戦してきました。

@孤独かと思いきや、Mさおさんがいてくれて、
めっちゃくちゃほっとしました。

持つべきものは先輩ですヽ(*´∀`)ノ

大会名は梅子杯@津田塾。

ここで話は逸れるけど、町田→国分寺って、直線距離は近い
はずなのに、いかんせんそこをつなぐ電車が無い。

今日も、町田→下北沢→吉祥寺→国分寺って乗り換え。

早くどこでもドアを開発して欲しいです。

今日、大会を通じて感じたことは…

最近、後輩のスピーチを読ませてもらうようになってから、
明らかにスピーチを聞くときの姿勢が変わった。

特に変わったのは

「どうすれば、みんなに伝わるスピーチができるのか」

そこを意識するようにしてます。

せっかく苦労してやったスピーチがオーディエンスに伝わってなかったら意味が無いしorz

で、これは僕の問題かもしれないけど、オープン大会でも
何が言いたいのかが伝わってこない、あるいは英語が聞き
ずらいスピーカーがいるんだなって。

英語が上手なように聞こえる、でも何がいいたいの?

ってオーディエンスに誰も思わせないようなスピーチ。

で、今日入賞したのは、みんなそういう人たちだったと
個人的には思う。

英語は上手い。

内容もしっかり伝わってくる。

スピーチ中に何度もうなずかされた人たち…

今日、一番感動したのが

「手話をしながらスピーチ」

をしていた京大の人。

めっちゃカッコいいじゃん!!

僕の中で彼がダントツの一位でしたが、彼が実際に優勝して
くれて僕まで嬉しかったです。

レセプのときには他大のジャッジさんや大会の実長の人と
話が出来たし、実りの多い一日でした ヽ(・∀・)ノ

来週の安田講堂杯も今から楽しみだぁー。


ちなみに。

今日のメインジャッジは僕の大学の学部の、T教授。

ジャッコメで何を言うのかと思えば

津田梅子とのアメリカつながりで

リンカーンのゲティスバーグを披露してくれた!!

カンペ付きなのがT教授らしいところ(´-ω-`;)ゞ

コメントらしいコメントは全くなし。

本当にマイペースな人なんだなぁって実感。


ってスピーチに夢中だけど、学校のテスト勉強せにゃ…

今年は単位がヤバイのが幾つかあるし、テストが落とせないorz

授業も頑張らねば!


でわー
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/08(金)   CATEGORY: Movie
「クラッシュ」
いやー、結局最後まで見ちゃった…

2時間近い映画だったけど、なんか途中で見るのをやめられなかった感じ。

この「クラッシュ」って映画はTSUTAYAだとまだ準新作(のはず)で、確かアメリカで賞をとってるハズ。

タイトルどおり、映画は「クラッシュ」の連続。

人と人、車と車…

で、その「クラッシュ」がどんどん負の連鎖を生み出していくんだ。

それまでのすごくいい関係が、ふとしたきっかけで壊れてしまう…

そしてこの映画の舞台のロサンジェルスがまたこの連鎖を複雑にしていくんだ。

さまざまな人種の人たちが生活しているこの町の人種差別のし合いだったり、上手く溶け込んでいたら逆に非難されたり…

肌の色が違うだけで

話す言葉が違うだけで

これほどまでに人は差別をしちゃうんだなって。

これってやっぱり日本にいるとわからない感覚なんだろーな。

日本だと、周りはほとんど日本人ばっかりだし。

こういうところで生活してると、自分が日本人だ、自分は黄色人種なんだって自覚する瞬間が少ないよね。

これがいいことなのか、悪いことなのかはわからないけど。

僕はLAみたいなところで生活したらやっぱり差別をしてたのかな?

黒人の人は悪い人ばっかりだ、とか

中東の人は怪しいんじゃないか、とか

中米の人は貧しいんじゃないか、とか

人の持ってる先入観って怖いんだなって感じた。

で、この映画を見てて思ったのは

やっぱり人は一人では生きていけないってこと。

人って絶対寂しがりだと思う、僕は。

心に誰かしらの存在って言う支えがないと生きていけないと思う。

この映画でも主に家族の支えあいが描かれてて

それがすごく美しく感じた。

何でも屋のおじさんが自分の子どもを寝かしつけるシーンとか

いつも何かに当り散らしてばかりの奥さんが、家政婦の人と抱き合うシーンとか

いいなぁ~

って思ったもん。

やっぱり、あったかさを感じて生きていきたいよね、人として。

寂しさばっかりだと、本当に死んじゃうわ、僕。


で、ここからは話が変わるけど

昨日、三輪さんが言ってた

「自分に似た人間が回りに集まってくる」

って話。

これは「確かに」って思った。

そういう意味で、僕はまだまだなのかなって思う。

これって別に今日見た映画とは関係ないけど

なんだかこれを思い出しちゃったんだよね…


あーー

とりあえず、寝ます。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/06(水)   CATEGORY: My Life
不思議人間。
人間って不思議。

ちょっと環境が変わるだけで

ちょっと意識が変わるだけで

こんなにも変化があるんだなーってつくづく。

変化があると、刺激もあるもんで

毎日がチクチクしてていい感じ。


そうなんだな

結局は

自分次第、なんだな。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/05(火)   CATEGORY: My Life
ぎっしり。
バイトが無いだけで

僕の手帳は予定だらけ。

さすがに週4はやりすぎだったかもしれないけど

今、すっごく気持ちが楽。

「あーーー、これからバイトか…」

って思う回数が少なくなるだけで心が軽い。

その分、今自分がやらなきゃいけないことがたくさんあるけど

それは嬉しい悲鳴。

心地よい責任を感じる。

ちょっとづつだけど、いい感じ。

いい感じ。

keep on, keep on

そんな感じ。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2006/12/04(月)   CATEGORY: My Life
you will never walk alone.
嵐の中を歩むときは

頭を上げて前を向いて行こう

暗闇を恐れてはいけない

嵐の向こうには

金色に輝く空が待っている

そして甘い雲雀の白銀の歌

風の中を行こう

雨の中を行こう

たとえ夢破れようとも

walk on

walk on

歩こう 歩き続けよう

希望を胸に

そうさ 君は決して一人じゃない

君は一人じゃない



こういう歌大好き。

まだ生で聞いたことが無いから、生で聞きたい。

CDもあるらしいし。

聞きたいなー。

そんな夜。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 「紘」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。