「紘」
「夢はでっかく」
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2007/02/15(木)   CATEGORY: Movie
「ホテル・ルワンダ」
を観ました。

観終わった今、僕の心にずっしりとのしかかるものを感じてます。

話の主題はルワンダで起こった民族紛争による大虐殺の際に
ホテルの副支配人だったルワンダの人がいかにして、人々の
命を救ったか、が描かれています。

詳しい映画の背景はココで。

会長はすっげぇところに行ってるんだなぁ…

帰ってきたら、いろんな話を聞かせてもらいたいもんです。

さて、この映画を観てたらいろんなものに疑問を抱きました。

人種差別、難民問題、先進国のアフリカの国々への接し方…
などなど。

一方で、たとえ民族は違っても強く結ばれている家族の絆にも
心を奪われました。

あんな非常事態にも自分の身の安全よりもまず家族の安全を最優先するなんて…

近頃おかしい、どっかの国の親たちに見せてやりたいわ。

とにかく、僕の意識をあっちこっち刺激してくれる作品でした。

今さらながら、ルワンダで亡くなった多くの方々にご冥福をお祈りいたします。

二度と、ジェノサイドなんて起こりませんように…
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/02/04(日)   CATEGORY: Movie
「プライドと偏見」
を観ました。

すっごくキレイな映画です。いろんな意味で。

まずは主演のキーラ・ナイトレイ。

彼女が演じてる女性を中心に描かれてる映画なんだけど、
彼女の魅力が存分に表現されてるように感じました。

次は映像、というか風景、かな。

近世のイギリスが舞台なんだけど、田園風景がすっごく
印象的。

こんなにイギリスってキレイなのかなーって思っちゃうくらい。

何にもないんだけどね笑

でも、すっごくキレイ。行ってみたいわー。

さらに音楽。

キーラ・ナイトレイ、風景を引き立ててると思った。

すごく耳に心地よくって、見ている映像と一緒に心に残る
気がした。

この映画は授業で少し読んで、続きが気になったから映画を
借りてみたけど、すっごくよかった。

ただ、さっき他の人のレビューなんかを見てると、原作から
端折ってる部分が多々あるみたい。

確かに、展開が速すぎて「あれ?なんで?」みたいなところも
結構あったかも。

でも、その不満?をさっきのキレイな3要素が吹き消してくれるハズ!

実際、僕が話の強引さよりも、キレイな映画の要素に魅了されてた
ばっかりだったからね。

心をキレイにしたい人、目の保養をしたい人にはぜひお勧めです笑


うーん、映画を見る習慣をつけたいなぁー
[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2007/02/03(土)   CATEGORY: WESA
揺らぐ。
理由はなんとなくわかる。

早速来たって感じ。

悩んでることをどこへぶつければいいのか、
いや、ぶつけていいのか迷ってる。

迷いが迷いを生む。

すごく些細なこと。

そう思ってる自分と。

それは結構深刻だと。

そう訴える自分が両方いる。

さすがAB型…

やっぱり。

信じることって難しい。

少しずつ、なんだよね、たぶん。

でも。

その「少しずつ」を難しく感じてる。

「少しずつ」だから簡単なんじゃない。

その「少しずつ」を積み上げなきゃいけない。

積み上げること、難しい。

負けたくない。

絶対に自分が負けたくない、屈したくないって思える瞬間がある。

それが今なのかもしれない。

悩みを怒りに変えて。

怒りを力に変えて。

戦えばいい。
[ TB*0 | CO*0 ] page top
Copyright © 「紘」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。