「紘」
「夢はでっかく」
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/23(木)   CATEGORY: My Life
I want to give some comments to books which I read.
ども、今日、バイトの面接でした
面接自体はフツーに終わったんだけど、その面接の終わり際に、担当の職員から致命的な一言

「髪の色は…黒じゃなきゃダメだから」

な、何ー!

そういう事は始めにいってくれよー
そして、付け加えて

「女の子はいいんだけどね、男は完全にダメなんだ」



そういう事は始めに言ってくれー

とかなんとか文句を言ってもしょうがないので、近々髪を染め直す予定です
あぁ、もっと満喫したかったぜぃ、あぁ、後悔
ヤブさんを追って髪を染めたら、ヤブさんのように髪を早々に染め直すことに…
やっぱり、勢いだけの行動って急に終わりがくるものなんですかね

さて、今日はこれまでに僕が読んだ本の感想を紹介してみたいと思います、あっ、やっぱり自己満ですけど

まずは今日ドラマが終わった「白夜行」
僕は結局、ドラマの初回しか見なかったけど、あの初回を見てこりゃあ原作を読むっきゃあない!って思ったんだよね
だって、山○孝之嫌いなんだもん!理由は特にないんだけど、無性に嫌いです、セカチュウからかなー、ウォーターボーイズも見なかったし…
ってな感じで、僕は原作をとにかく読んだわけです
中身は「よーく練られてるな~」って感じ
最後はトン、トン、トトン!くらいの駆け足でラストを迎えたんだけど、あっけなさが残った作品でしたね
僕は結構「壮大な」ラストを期待する方なので…
でも、他の作品とは一味違ったスリルを味わわせてもらいました
ちなみに、この白夜行の作者の「東野圭吾」
この人の作品を参考にして、高校のときに演劇をやりました
うーん、懐かしい、懐かしい、一人だけ、懐かしい

次は「奇跡の人」(真保 裕一)
あらすじは事故で記憶を無くした主人公が辛いリハビリの末、意識を取り戻す
その後、主人公は退院して一人暮らしを始めるんだけど、ここから主人公は自分が記憶を失う前の自分に興味を抱き始める
それで、主人公が自分の記憶を探しに行く…
って流れなんだけど、僕は結局この作品を最後まで読めなかったー
最後の方の主人公の行動についていけなくなっちゃって…
この作者の「ホワイトアウト」がおもしろくってこの作品を読んでみようって思ったけど、少し興ざめ…な感じ
まぁ、ラストを自分の中で強くイメージしすぎちゃったから、かもしれないなー
自分で勝手にハッピーエンドのラストを作っちゃってたからね(汗)
こういう妄想、大好きです

さっき読み終わった「エイジ」(重松 清)
これは中学生の主人公が自分の周りの友だち、クラスメイトからいろんな刺激、影響を受けながら、一人で葛藤していくって話
作品の中で「荒れている」中学校、っていうのが描かれてるんだけど、自分の中学校も近いところがあったり(もちろん、作品の学校みたいに荒れてはいないけどね、汗)して、社会問題を写してる作品なんだと思う
でも、自分は別のところでこの作品を楽しんじゃったんだ
それは「いやー、青春」ってところ
読んでて自分の中学校の頃を思い出したりして、懐かしーとか、キュンキュンーとか、そうなんだよねーとか
なんて言うか、少し心が洗われましたよ
ちょっと、純粋な気持ちを取り戻したかも?!
やはり、話のラストには納得がいかないところもあったんだけど(汗)
それでも読んだ価値ある作品ですた



こんな感じなんだけど、また明日、買いにいこうかと思ってます
バイトも一応、納得いかないけど決まったし、本を読むのって楽しいしね、いまから何を買おうか楽しみっす

明日はWESAの新勧説明会があるし、アルバムづくりもあるし…
何気に予定があるのねー
そして土日はNAFA教もあるんだよね…
今、見に行ってもしょうがない気がするし、どうしよう

やっぱり、はっきりコンパリが出来ないや

あぁ、あの頃に戻りたい…なんて思ってる自分が終わってる

でわでわ
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 「紘」. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。